ホクサン株式会社
トップ お知らせ ごあいさつ 会社案内 商品情報 農薬豆知識 リクルート リンク集 お問い合わせ
会社概要 沿革 組織図 研究・開発 営業・普及 生産

生産

ISOの認証取得が証明する確かな生産体制。

ISO認証取得 ISO 9001:2008 認証取得
農薬(粉剤、水和剤、液剤、フロアブル剤、粒剤)の製造及び販売

 関連機器のめざましい進歩による、情報化時代。当社は、早くからこうした時代の到来を予測して、いち早く本社、営業部、各工場間の情報ネットワーク化による、独自のオンラインシステムを構築。多彩な技術・サービス情報の提供、内部管理業務はもちろん製品出荷業務をタイムリーに処理することにより、迅速かつ円滑に製品供給できる体制を確立しています。

散剤工場

立体的な機器配置で、省力化を実現

本工場は、製剤部分の機器配置を立体化し、製品切り替えの簡素化に加えてコンタミ防止に万全を期しているのが特徴です。また、FAコンピュータを導入し、DCS(分散制御システム)による秤量工程の自動化と運転制御、さらにCRTで機器監視を行うなど、徹底した省力化を実現しています。
散剤工場

液剤工場

最新の充填機及び包装設備を導入

乳剤、液剤等の液状製品を製造しているのがこの工場です。タイミングよく製剤・小分けが行えるよう製造タンク、濾過器等及び数種の容器容量に応じた小分ラインが揃えてあります。包装ラインは、高速充填器に加えて、シュリンクラベラー・ラップラウンドケーサー・ロボットパレタイザーで構成し、省人化した高効率の生産を進めています。また本工場は消防法危険物の取扱いが多く、設備は防爆仕様で整えています。
液剤工場

液剤第2工場

微粉砕機を中心とした製剤設備でフロアブル剤を生産

各種フロアブル剤製品の生産を目的として、平成7年から運転を開始しています。水に溶けにくい有効成分を超微細にして水に分散させたのが、フロアブル剤です。この工場は、微粉砕機を中心とした製剤設備に、最新鋭のコンパクトタイプの包装設備を配慮したのが特徴です。
液剤第2工場

粒剤工場

業界の先陣を切ってラップラウンドケーサーを導入

本工場には、練込造粒設備と吸着型粒剤設備を配置しています。集中制御の一貫ラインで操業開始以来高度の技術力を発揮し、それぞれの製品の特性に応じた高品質の粒剤を生み出しています。包装工程も、農薬業界の先陣を切ってラップラウンドケーサー、ロボットパレタイザーを導入し、省人化高能率を実現しています。
粒剤工場

培土工場

健苗育成に欠かせない各種育苗培土を生産

昭和56年から、北海道農業向けの独自水稲用育苗培土の生産を開始したのがこの工場です。以来、生産農家の多様化するニーズに応えて各種育苗培土、園芸培土など、次々と新製品を送り出しています。平成6年には、プラント増強工事を行い、生産能力も大きくアップしています。
培土工場

品質管理 熟練の専門スタッフが、あらゆる角度から品質に厳しい目を

品質管理は、まず原料について厳しい試験と検査からスタート。生産された製品はもちろん、袋・瓶・ダンボール箱・ラベルを貼る糊に至るまで、専門スタッフが最新の測定器を用いて徹底した管理を行っています。
また、この品質管理部門は工場生産に伴う周辺環境の管理・整備などにも目を光らせています。

▲ページ先頭へ戻る

Copyright ホクサン株式会社 All Rights Reserved.